ビャッコイ
Isolepis crassiusculus Hooker


【分布】本州(福島県)。
【同定のカギ】ビャッコイはホタルイ属に含められる場合があるが、最近は別属のIsolepis(ビャッコイ属)として独立させている。ビャッコイ属は日本には1種しかないが世界では約70種ある。ホタルイ属やハリイ属とは痩果に刺針がないことで区別される。ビャッコイ属は稈を分枝し走出状にはう。
【ノート】福島県ではビャッコイを県天然記念物として扱っており、厳重に保護している。星野研究室では表郷村からビャッコイの調査を依頼されており、分析を進めている。
【撮影】福島県西白河郡表郷村 2003年9月1日