ヒトモトススキ(シシキリガヤ)
Cladium chinense Nees
【分布】本州(関東地方、新潟県以西)、四国、九州。
【同定のカギ】ヒトモトススキは海岸に生育し稈が2 mに達する大型の植物で、葉が硬く著しくざらつくことで容易に区別できる。
【ノート】ヒトモトススキの由来は「一本薄」で、1株から多数の葉が出るためである。シシギリガヤの由来は「猪切茅」で、葉のざらつきが強く小刺があってイノシシも切れるという意味である。県内の瀬戸内海の沿岸地域に広く分布しているが、海岸の改修工事などにより生育地は減少傾向にある。





←岡山県内の分布図